更新:2019.09.12 作成:2019.09.12

コスパ抜群‼︎キャプテンスタッグツーリング型テントおすすめ5選

ツーリングキャンプを始める際に最初に揃えたくなるアイテムがツーリング型テントではないでしょうか?
ツーリングテントを買う際、低予算でなるべく抑えたいけど品質や機能性の良いものをと思っている方も多いはず。そこで注目するのが安くても確かな品質と機能性のアウトドアブランドキャプテンスタッグになります。
今回は、キャプテンスタッグのツーリング型テントについてまとめてみました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ツーリング型テントとは?

自転車やバイクなどでツーリングをしながらキャンプ場で宿泊をする時に設営するテントとして利用されるのがツーリング型テントになります。気ままなツーリング旅をするのには無くてはならない必須アイテムになります。ツーリング型テントの特徴としては収納できる場所が限られているので設営が一人で無理なく出来るコンパクトで軽量なテントが使い勝手が良いでしょう。

ツーリングテント、抑えるべきポイントとは?

一番のポイントはやはりコンパクトさになります。荷物を必要最低限に抑えなくてはならないのがツーリングです。泊まりがけとなればテント以外にも荷物は多いはず。
ツーリングテント選びに悩んだ時はキャプテンスタッグのツーリングテントなら失敗はないです。しかも安い!
まずはツーリングテントを選ぶ際におさえたい3つのポイントを見てみましょう。

ポイント1. コンパクトで軽量

荷物が限られるツーリングキャンプで1番重要なのがテントの収納サイズと軽量性になります。テント以外にも必要な荷物はありますが重さ、大きさともにかなりのウェイトを占めるのはやはりテントになります。
テントの重さに関しては、ツーリングでの運転に影響してくるので最小限にしたいです。目安の重量は4〜5kg以内を目安にしましょう。また、テントの収納サイズの目安としては横幅60cm程度に収まるかを確認すると良いです。

ポイント2. テント内の快適さ

ツーリングで疲れた身体を休める為にもテント内でストレスなくゆっくりと休めるかが重要です。そこで影響があるのが通気性になります。通気性に関しては、テント内はどうしても熱がこもり易いです。しかもツーリングテントは狭いので特にです。そんな時に必要な機能が空気を循環させるベンチレーション(換気口)が付いているかを確認する必要があります。ベンチレーションがしっかりと機能していないと快適な空間は作れません。

ポイント3. 設営のしやすさ

ツーリングでテントを設営する時の状況として想定されるのが、まずは1人での設営の可能性が高いことです。グループでツーリングに行ったとしても各々テントを設営するので人には頼れません。またツーリングがメインとなる場合は設営時間が日が沈みかける頃にキャンプ場に着くことも多くなるでしょう。そんな中でも一人で手際よく短時間に設営してゆっくりと体を休める為にも設営の楽なテントを選ぶ必要があります。

キャプテンスタッグの魅力は?

ツーリングテントの抑えるべきポイントを抑えて更に低価格で品質に定評のあるアウトドアブランドがキャプテンスタッグになります。魅力としては価格やスペックのバランスが非常に良く、コンセプトとして「頂点を目指そうとするあまり、保守的な発想へ傾きかけたり、造作にこだわりすぎて価格的に手が届かなくなってしまっては、存在する意味がない」とユーザーに寄り添う商品展開が多くのキャンパーさんに愛用されるのでしょう。

キャプテンスタッグのツーリングテントおすすめ5選

それでは具体的にキャプテンスタッグおすすめのツーリングテントをご紹介致します。機能性や利便性はもちろんですがコストパフォーマンスやデザインなどのバランスの良い商品ばかりになっています。
ツーリングテントに必要なスペックや機能は満たしており過剰スペックで不要なコストが削減されているので良いテントが安く購入出来きます。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) テント リベロ ツーリングテント

こちらのツーリングテントはキャンプスタッグの定番になります。暑い夏でも利用しやすく紫外線95%カット、ベンチレーション機能もついていて機能性が抜群に良いです。またシンプルな構造で設営も非常に楽です。天井が高くテント内でもストレスなく過ごせます。また出入りや物の出し入れに便利です。デザイン落ち着いた深い紺色になっており他のキャンプギアとも馴染み易くて使い勝手が非常に良いのも魅力的です。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ドームテントキャンプアウトシリーズ カモフラージュ柄

こちらのドーム型のツーリングテントも非常にコンパクトなサイズ感になっており、パッキングサイズはなんと40×16×16cmであり重量も3kg以内になっています。
機能性も良くてUV加工で紫外線をカットしてくれるので夏場でも安心です。更に雨が浸透しにくいシームレス加工までされ天井部分の縫い目から、雨の侵入を防ぎます。まさに、安くて使えるお洒落なツーリングテントになっています。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンプ テント エクスギア ソロ テント

こちらは利便性の高いツーリングテントになっており高くて使い易い前室のスペースと便利な後面出入口を装備したソロテントになっています。
設営も非常に簡単な上に初めての方でも迷わずに設営出来るようにポールの色分けが施されています。
更に軽くて丈夫なジュラルミン製の高スペックなポールも使用されてしたり、テント内の空気を換気させるベンチレーションが至る所に装備されています。

キャプテンスタッグ クイックドーム200UV

こちらは話題のとにかく設営が簡単なワンタッチフレームを採用したツーリングテントになります。仕様としてはドーム型テントがベースになっておりフライシートとインナーシートの2層タイプになっています。また、メッシュをインナーテント天井に装備してあるので通気性抜群で解放感があります。こちらも紫外線95%カットのUV-PROTECTIONコーティング生地を使用しておりハイスペックでありながら低価格なテントになっています。
パッキングサイズが58cmで重量が6kgとこちらも非常にコンパクトになります。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) テント ソロテント 1人用

パッキングサイズが39×18×18cmとこちらもコンパクトなツーリングテントになります。テントの型はA式フレームの吊り下げ式インナーテントになるので設営と撤収が非常に簡単で時間がかからないのが特徴的です。もちろんコスパも最高です。UV加工で紫外線をカットしてくれるので夏場でも安心です。ツーリングテントの中では前室が広くて使いやすいのも良いです。安くて使えるテントになっています。

まとめ

理想のツーリングスタイルにピッタリなテントは見つかりましたか?
バイクツーリングに持っていくテントのサイズは重要でありますがそれだけで良いというわけではありません。コンパクトで軽量であること以外にも風にも負けないテントの耐久性や雨でもストレス無く使用するための通気性など、ツーリングでアクティブに動いて疲れた身体を安心してゆっくり休めれるスペックが必要です。失敗のないテント選びをして快適なバイクツーリングを楽しみましょう。

関連タグ:

RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

CATEGORY

その他のカテゴリ

  • startracking

    キャンプにどっぷりはまっている2児の父親です。ゆるく楽しくをモットーに!!

    フォローする

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事

人気フォトランキング

今月もっとも見られているフォト

連載

【製品レビュー】2019年発売のSOTO・マイクロトーチアクティブを使ってみた!

【製品レビュー】2019年発売のSOTO・トーストサンドパンを使ってみた!

コンテスト

おすすめ

編集部のおすすめ

キーワード

キーワード一覧