更新:2018.01.29 作成:2018.01.16

月に1度はキャンプをする筆者が選んだおすすめのペグ

シーズンは、月に1度はキャンプに出掛ける筆者が選んだおすすめのペグをご紹介していきます。
ペグは軽視されがちなキャンプ用品ですが、間違った選択をするととんでもない事故にもつながりかねません。
せっかくのキャンプが台無しにならないようにペグ選びは慎重に行いましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ペグの役割

ペグは、テントやタープが風で倒れないようにロープを通じて地面に固定するキャンプ用具です。
ペグには、いくつかの種類があり地盤に適したものを選ぶ必要があります。
それは、材質、形状、長さになります。
特に、タープに使うのであれば長さが重要です。
材質は、地盤の硬さによって決まります。
もし、適していないペグを使用したら、風で倒壊なんてことはよくあることですので、しっかりと把握しペグの選択を間違えないようにする注意が必要です。

ペグの種類

ペグの種類には、アルミペグ、スチールペグ、ジュラルミンペグ、プラスチックペグ、鍛造ペグなどがあります。
それぞれのペグの特長について見ていきましょう。

アルミペグ

アルミペグは、砂利や砂浜では使えませんが、土や芝生に適しており軽くて取り扱いが楽です。
主にテント用のペグとなります。
ただし、湾曲しやすいという欠点があります。

スチールペグ

スチールペグは、鉄製の頑丈なペグです。
砂浜には適していませんが、硬い地盤に適しています。
長さがあるものにおいては、タープにも使うことができます。

ジュラルミンペグ

ジュラルミンペグは、テントに適したペグでアルミペグよりも強度があるため、硬い地盤にも適しています。
ただし、河原など大きな石があるようなところには適しておらず、湾曲しますので注意が必要です。
ジュラルミンペグは、非常に軽くてカラフルなおしゃれなものが多いのが特長です。

プラスチックペグ

プラスチックペグは、硬い地盤には適していませんが、砂浜では大活躍間違いないペグと言えるでしょう。
価格も安いので、いくつか持っておいて損はないと思います。
海での使用であれば、間違いなくおすすめのペグです。

鍛造ペグ

鍛造ペグは、ペグでは右に出るものがないほど頑丈で重量もあるペグです。
河原など大きな石にぶつかっても、砕いてしまうほど強度があり強力です。
砂浜には適していませんが、それ以外の地盤では、ほぼ全ての地盤に使用が可能です。

ペグの注意しなければいけない点と選び方

注意しなければいけない点

ペグの特長と強度に焦点をあて、選び方と注意しなければいけない点をご紹介していきます。
まず、テントやタープを購入した時に付属しているペグは、無風に近い状態、整備された地盤、雨など降ってなくて適度な地盤の硬さ、晴天といったいくつもの好条件に恵まれた環境下でないと使えません。
そうでなければ、突発的な強風でペグが抜けたり、地盤が硬かったりすると湾曲したりします。

ペグの選び方

それでは、ペグはどのようにして選べば良いのか説明していきます。

タープの場合

タープの場合を見ていきましょう。
タープは、下に風が入ると上に突き上げるような大きな力が働きます。
そうなると、長さは30㎝以上は必要です。
これより短いと簡単に抜けてしまいます。
雨で地盤が緩くなっていたり、地盤が砂である場合は、20㎝以下であるとタープは倒壊する可能性が高くなると言えるでしょう。
材質は、地盤の硬さに左右されますが万能型の鍛造がおすすめです。
鍛造は、表面の塗装は剥がれますが、曲がることはほぼありません。
鍛造であれば、ほとんどの場所でも安心してお使いいただけます。
その鍛造製でおすすめなのは、スノーピークのソリッドステーク、村の鍛冶屋のエリッゼステークです。
地盤が硬いとアルミ製やジュラルミン製では歯が立ちません。

テントの場合

次にテントの場合を見ていきましょう。
テントであれば、タープと違って風の力の受け方が違うので、ペグの長さはそれほど必要としません。
15㎝~20㎝ぐらいの長さで問題はないでしょう。
材質は、タープと同じく地盤の硬さに左右されますので、万能型の鍛造がおすすめです。鍛造は、表面の塗装は剥がれますが、曲がることはほぼありません。
鍛造であれば、ほとんどの場所でも安心してお使いいただけます。
その鍛造製でおすすめなのは、スノーピークのソリッドステーク、村の鍛冶屋のエリッゼステークです。
地盤が硬いとアルミ製やジュラルミン製では歯が立ちません。

筆者おすすめのペグ

それでは、ここからは筆者が選ぶおすすめのペグをご紹介していきますので、是非、参考にしてみてください。

キャンパーさんにはお馴染みのキャプテンスタッグのスチールペグです。
硬い地盤土に適したテント用のペグとなります。
コストパフォーマンスに優れた定番のペグです。

安心コールマンブランドの高強度の打ちやすく抜きやすいスチールペグです。
硬い地面でも使える素材で、長さがあればタープにも使用できます。

安心コールマンブランドの軽量かつ高強度のジュラルミンを採用しているため硬い地面にも使用できます。
ジュラルミンペグは、おしゃれなカラーで見ていても楽しくなるデザインが特長です。

安心コールマンブランドの主にテントの固定に使用する軽量アルミ製のピンペグです。
軽量で持ち運びに便利で、砂浜や芝生などに適しています。

プラスチックペグは、硬い地盤には適していませんが、砂浜では大活躍間違いないペグと言えるでしょう。 ロゴスプラスチックペグとハンマーのセット品は、プラスチックペグ用ハンマーが付属しているので、すぐに使うことが出来るから便利です。

まとめ

現在、皆さんがお使いのペグはいかがでしたか?
適したペグを使用されることをおすすめします。
ペグは、つい後回しにしがちなキャンプ用品ですが、一つ間違えれば、タープが倒壊したりペグが抜けて人に当たったりと重大な事故になりかねませんので、慎重に選ぶことをおすすめします。

関連タグ:

RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

CATEGORY

その他のカテゴリ

  • 西村 楓

    キャンプ歴8年で、連休には5泊以上のキャンプもするアウトドア好きです!

    フォローする

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事

人気フォトランキング

今月もっとも見られているフォト

連載

【製品レビュー】2019年発売のSOTO・マイクロトーチアクティブを使ってみた!

【製品レビュー】2019年発売のSOTO・トーストサンドパンを使ってみた!

コンテスト

おすすめ

編集部のおすすめ

キーワード

キーワード一覧