【突撃取材】話題のワークマンプラス・ららぽーと富士見店レポ!人気の高機能×低価格のウェアをご紹介!

テレビやSNSなど各メディアで話題の「WORKMAN Plus」!今回は2018年11月22日にOPENしたばかりのWORKMAN Plus・ららぽーと富士見店へお邪魔し、営業企画部、販売促進グループマネージャー・林氏へ、今話題の製品の人気の秘密を伺いました。

更新:2018.12.18 作成:2018.12.06
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WORKMAN Plusとは?

「WORKMAN Plus」とは、作業服でおなじみのワークマンとは異なり「アウトドア」「スポーツ」「レインウェア」のプライベートブランドの品揃えに特化した専門店です。現在ららぽーと立川立飛店、川崎中野島店、ららぽーと富士見店の3店舗を展開し、大きな反響を呼んでいます。もともと機能性の高い作業服を製造販売しているワークマンが、3つの視点から他社には真似できない低価格で製品を提供。「高機能」×「低価格」でデザイン性も高いワークマンウェアが今、注目を浴びています!
 

WORKMAN Plus・ららぽーと富士見店のコンセプト

「今までラインナップとして華やかに陳列するため、いわゆる差し色であるレッドやイエローの販売実績が2~3年前から伸びていました。その要因を探ると、キャンプや釣りなどのアウトドアシーンで活用する方に購入頂いていた背景がありました。であればこれらのお客様の声を活かし、作業着としてもアウトドアとしても使える商品展開のコンセプトショップをオープンすれば、ワークマンを趣味としてご利用頂き、広がっていくのではと考えました。
結果としては、WORKMAN Plus1号店である立川立飛店のオープン時には、ワークマンに初めて来たというお客様は非常に多かったです。」(林氏)

WORKMAN Plus・ららぽーと富士見店、OPEN後の反響は?

「非常にご好評を頂いており、11/22にオープン前には200名のお客様にお並び頂き、不本意ではありますが入場制限をしなければならない程でした。現在も土日は一時的に入場制限をさせて頂く状況が続いております。また、オープンして10日以上経っても、オープン直後からから多くのお客様にご来店頂いております。(取材日は12/6)」(林氏)

取材日当日は、10時の開店時間と同時に筆者自身はお邪魔しましたが、平日にも関わらず、オープン時間直後からWORKMAN Plusだけ大盛況という状況でした…!

利用者層は?

「今まではワークマンの新しい店舗をオープンすると、大体は年齢層の高い男性やプロの職人さんがメインでした。しかしWORKMAN Plusに来店されるお客様の半分以上が女性です。もちろんファミリーで来店される方も多数いらっしゃいます。今までのワークマンでは、女性のお連れ様3~4名で来店されることはまずありませんでしたので非常に驚いています。今後の商品の展開は女性向けのラインナップへ転換しなければならないとも感じています。」(林氏)

筆者も店内を見て回りましたが、非常に明るいアパレルショップのような雰囲気で、女性でも気兼ねなく入店できることも一因になっていると感じました。

プライベートブランドのコンセプト

WORKMAN Plusには、アウトドア向けの「Field Core」、スポーツ向けの「Find-Out」、レインウェアの「AEGIS」がラインナップとして販売されています。「もともと作業者のために生産していたため、価格は汚れたり破れたら捨てれる¥3000を超えないようにしています。」(林氏)と高機能を実現しつつも、価格は低価格に抑えていることもWORKMAN Plusのプライベートブランドの特徴です。
ブランドによりそれぞれカテゴリが異なりますので、特徴をご紹介します。

Field Core(フィールドコア)

キャンプや釣り、登山などのアウトドアシーンでの使用を想定したブランド「Field Core」。
もともと作業服は屋外で作業することを想定して作られており、高い機能性を残したまま仕事ではなくオフでも着用できるように、アウトドアなデザインに仕上がったランナップです。
「WORKMAN Plusららぽーと富士見店の中でも一番の売れ筋ブランドです。」(林氏)

Find-Out(ファインドアウト)

ジョギングやフィットネスジムでのトレーニング、公園の散歩などのタウンユースでの使用を想定したスポーツ向けの「Find-Out」。ブランドのアイコンは「風」をイメージし、あらゆるスポーツシーンに対応できるウェアをコンセプトとしています。
Field Core同様、大手スポーツブランドにはない低価格も実現しているところも魅力です。

AEGIS(イージス)

従来のワークマンで発売していたころに、バイクツーリングでの使用で人気に火が付いたレインウェアがコンセプトの「AEGIS」。防水性能だけでなく、ストレッチ性や秋冬用は防寒性にも優れています。その性能は某国内アウトドアブランド担当者から「どうやって作ったのですか?」と聞かれるほど。

ワークマンのウェアは自社工場生産

「WORKMAN Plusで販売している9割以上の商品は、海外に複数ある自社工場で生産しています。中には他社の素材を使っている商品もありますが、ほとんどが自社で開発した素材や機能を使用しています。高品質を維持することはすごく難しいことですが、ワークマンでは商品管理部の担当者が厳密に管理しています。商品量も多く生産できる体制は整っているため、スケールメリットで低価格を実現しています。」(林氏)

WORKMAN Plus・ららぽーと富士見店の売れ筋ランキングTOP3!

それではいよいよWORKMAN Plusららぽーと富士見店の、オープン後からの売れ筋ランキングをご紹介します!どれも「作業着」としてではなく、アウトドアアクティビティから通勤、ジョギングや庭仕事まで幅広く使えるアイテムばかりです!本記事には掲載はしていませんが、秋冬商品の完売商品も出てきているため、早めにゲットしましょう!

ららぽーと富士見店・売れ筋ランキング3位

スタンダードグローブ

基本情報

価格 :¥499(税込)
素材 :ポリエステル、ポリウレタン
サイズ:M~LL
カラー:グレー、エンジ、ネイビー

人気の秘密

他社アウトドアブランドなら間違いなく最低¥3000以上はするであろう、秋冬用の保温グローブがなんと¥499!シンプルなデザインで、登山やキャンプ、通勤に使用しても服との相性も良いカラーリングです。手のひらにはグリップ力に優れる加工が施され、人差し指と親指にスマホ対応の生地を使用。グローブを脱がずにスマホを操作できます。

ららぽーと富士見店・売れ筋ランキング2位

エアロストレッチブルゾン

基本情報

価格 :¥2900(税込)
素材 :ポリエステル100%(ポリウレタンコーティング)
サイズ:M~4L
カラー:ブラック、シャンブレーグレー、シャンブレーネイビー、ライムイエロー
    バーガンディレッド、ハンティング(限定生産)
 

人気の秘密

「非常にストレッチ性の高いポリエステルを使用しています。内側のポケットは『ムービングポケット』と呼んでいますが、500mlのペットボトル2本分入る容量があります。また、もともと作業服を生産しているため、胸ポケットと腕には車のライトなどで光るように、反射プリントを施し、ワークウェアとしても使えるような仕様にしています。左腕に配置しているペン差しも、街着としてのデザインとしては違和感なくお使い頂けます。」(林氏)
この機能性でなんと価格は驚きの税込¥2900!!これはファストファッションブランドも真似できませんね……。

ららぽーと富士見店・売れ筋ランキング1位

ストレッチマイクロウォームパンツ

基本情報

価格 :¥2900(税込)
素材 :■ゴールドキャメル、ミックスブラック、ダークグリーン
    表/ポリエステル98%、ポリウレタン2%
    裏/ポリエステル100%
    ■インディゴブルー
    表/綿61%、ポリエステル29%、レーヨン7%、ポリウレタン3%
    裏/ポリエステル100%
サイズ:M~3L
カラー:ゴールドキャメル、ミックスブラック、ダークグリーン
    インディゴブルー

人気の秘密

作業着とは思えないデザインで人気の裏地付き保温パンツ。生地はストレッチ性があるため動きやすく、ポケットもたくさんついているため、秋冬のキャンプにも最適です!カラーは4色展開ですが、一番人気はインディゴブルー。裏地のマイクロフリースは肌触りも良く、保温性も抜群。膝には3Dカットも施され、WORKMAN Plusのこだわりが詰まったパンツで価格は¥2900!もはやワークウェアの域を超えていますね…。

冬におすすめのワークマンウェア3選!ポイントは「裏アルミ」!

「この冬のおすすめはなんと言っても『裏アルミ』を使用したウェアです。一見シルバーなので暖かそうには見えないのですが保温性が抜群です。裏地にアルミプリントを施すことで、体温を反射し、服の中を温かく保ちます。都内の電車内だと暑いくらいです。」(林氏)と、林氏が自信を持っておすすめする商品は、裏アルミを施したジャケット類。本記事ではおすすめの裏アルミジャケット3種類をご紹介します!

冬におすすめのワークマンウェア①

裏アルミフィールドブルゾン

基本情報

価格 :¥4900(税込)
素材 :■ブラック、ゴールドキャメル
    表地/綿75%、ナイロン(CORDURA)25%
    中綿/ポリエステル100%
    裏地/ポリエステル100%(アルミプリント)
    ■ヘリンボン
    表地/綿75%、ポリエステル25%
    中綿/ポリエステル100%
    裏地/ポリエステル100%(アルミプリント)
    ■インディゴ(限定生産)
    表地/綿100%
    中綿/ポリエステル100%
    裏地/ポリエステル100%(アルミプリント)
サイズ:M~3L
カラー:ブラック、ゴールドキャメル、ヘリンボン、インディゴ(限定生産)

おすすめポイント

体温を反射して、服の中を暖かく保つ「裏アルミ」を使用した中綿入りブルゾンです。ブラックとゴールドキャメルのカラーには、ウェアに生地の強度と耐久性のあるインビスタ社「CORDURA®」を採用。また作業服の考え方も残しつつ、ポケットは胸と両サイドに配置。機能性と保温力、デザイン性を兼ね備えたブルゾンです!これだけのスペックで¥4900!これは買いですね…。

冬におすすめのワークマンウェア②

裏アルミミドルインナー

基本情報

価格 :¥2500(税込)
素材 :■ブラック、ゴールドキャメル、バーガンディレッド
    表地/ナイロン100%
    中綿/ポリエステル100%
    裏地/ポリエステル100%(アルミプリント)
    ■カモフラ
    表地/ポリエステル100%
    中綿/ポリエステル100%
    裏地/ポリエステル100%(アルミプリント)   
サイズ:M~LL
カラー:ブラック、ゴールドキャメル、バーガンディレッド、カモフラ

おすすめポイント

ファッションアイテムとしても人気が出てきているインナーダウン。裏アルミミドルインナーは、重さが300gと軽量で、収納袋も付属しておりコンパクトに収納できるため、春・秋の旅行の保温着としても使えます。ブラックならビジネスシーンにも使え、アウトドアのみならずタウンユースでも幅広く使えます。アウトドアブランドのインナーダウンなら一万円以上もザラのインナーダウンが、なんと1/4程度の¥2500で購入できます!

冬におすすめのワークマンウェア③

裏アルミ MA-1タイプジャンパー

基本情報

価格 :¥2900(税込)
素材 :表地/ポリエステル100%
    中綿/ポリエステル100%
    裏地/ポリエステル100%(アルミプリント)   
サイズ:M~3L
カラー:アーミーグリーン、ネイビー、カモフラブラック(限定生産)、
    カモフラホワイト(限定生産)

おすすめポイント

裏アルミを使用したMA-1タイプのジャンパーです。腰部分に付属したライディングベルトを、パンツのベルトに通して固定すれば、ウェアのバタつきを抑える効果があるためバイクにもおすすめ。左腕上部にはペン刺しも配置されているため、現場でもタウンユースでも使えるヘビロテ確実な一着です!保温性のアウターなのに¥2900という驚きの価格設定も見逃せません!

今後のWORKMAN Plusの展望

「今回のWORKMAN Plus出店では、女性のお客様にも多くご来店頂いていることが分かりました。実はレディスウェアの展開はメンズに比べるとまだまだ少なく、女性のお客様もメンズモデルをご購入頂くケースも多く見られます。そのようなお客様のために、レディスウェアやユニセックス対応のサイズ展開もしなければならないと感じています。また今後も出店を増やし、WORKMAN Plusにご来店頂いたお客様には、本来の路面店のワークマンにも興味を持って頂くことができれば、私共としてはうれしい限りです。」(林氏)

実はWORKMAN Plusで展開している製品は、既存のワークマンでも購入することができます!近くにWORKMAN Plusのお店がなくても、一度ワークマンに足を運んでみるのも賢い購入方法です!

2018年12/20には世田谷区等々力にも新店がオープンするWORKMAN Plus。1月下旬~2月にかけては春物のNEWモデルもお店に並び始めるWORKMAN Plusからますます目が離せません!
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • genki

    春~秋はキャンプ・登山、冬はスノーボードと、アウトドアをこよなく愛するWebライターです!常に穴場のキャンプ場や、次に登る山を探す毎日……。皆さんの知りたい情報を分かりやすくお伝えします!

    フォローする

連載

【製品レビュー】2019年発売のSOTO・マイクロトーチアクティブを使ってみた!

【製品レビュー】2019年発売のSOTO・トーストサンドパンを使ってみた!