更新:2018.10.25 作成:2018.10.24

都心から近くアクセスも容易!自然豊かな神奈川県相模原市のキャンプ場5選!

神奈川県の北から北西に位置する市で、西に行くほど自然や山々が広がり、山梨の道志村も隣に位置し、北に行けば東京都、東では横浜市があります。そんな都心にも近く自然も豊かな相模原市はキャンプ場も数多く存在します。今回はその5選をご紹介致します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

神奈川県相模原市

相模原市は、神奈川県の北部に位置する政令指定都市であり、南西に位置する南区、中央に位置する中央区、北西から南北に広がる緑区とは3つの区に別れています。JR東日本、京王電鉄、小田急電鉄合わせて6つの鉄道路線が通り、圏央道相模原ICと相模原愛川ICも通り、交通アクセスの良さが挙げられます。特に市の中央には相模川が横断、西側には丹沢山地・秩父山地と自然や山々が広がりキャンプ場やレジャー施設が多く点在しています。東京都心まで1時間という距離で、川や山を身近に感じることができる自然豊かなところです。

相模原市、キャンプ場5選

相模原市は主に自然が豊かな緑区にキャンプ場が多く点在しています。緑区を西に県境を過ぎると、日本一キャンプ場が多い山梨県道志村が隣村していることや、区内には相模湖や津久井湖、相模湖プレジャーフォレストなど、ロケーションやレジャー施設、キャンプ場へのアクセス面も様々です。今回はその中の5選をご紹介致します。

パディントン ベア・キャンプグラウンド

遊び場がいっぱいの広大なフィールド

「さがみ湖リゾートプレジャーフォレスト」の丘にある、パディントン・ベアをテーマにしたキャンプ場です。約60区画のオートサイトと約250張分の常設テントサイトに分かれています。また、テラス付きのセットアップテントサイトがあり、屋根付きのテラスでBBQが楽しめます。

高規格なトレーラーハウスや宿泊施設が充実

宿泊施設は多様多種で、ログキャビンはエアコンや冷蔵庫などを完備されています。すずらんの丘のスリーパーエリアにあるトレーラーハウスは、広いサイトにテーブルチェアを完備したウッドデッキ付きという高規格なものとなっています。

遊び&イベント

「さがみ湖プレジャーフォレスト」は観覧者や空中ブランコ、スリル満点の大空天国など約30種類のアトラクションが楽しめる遊園地となっています。冬季には「雪遊び広場」や関東最大級のイルミネーション「イルミリオン」を実施しています。隣に位置する相模湖では釣りやボート、春の桜祭り、夏の花火大会、秋の紅葉など四季折々に楽しめることができます。

リッチランド

遊んだあとはこだわりの露天風呂へ

キャンプ場はアクセスに便利な東丹沢にあります。周辺は自然度が高く、春は桜、秋は紅葉の名所としても有名で、サイトは林間のオートサイトと河原沿いのフリーサイトの2種類があります。AC電源はが建物周辺に電気ドラムで対応しています。また、サイトの日当たりは場所により差があるため、シチュエーションによってキャンプギアが変わってくることになるでしょう。宿泊施設はコテージとバンガローが設営されています。

遊び&イベント

場内で人気があるのは清水を引いて沸かした露天風呂。小川で水遊びをした後でもすぐに温めれることができます。また、車で10分で国際マス釣り場があり、宮が瀬湖や丹沢のハイキングコースなど見どころがたくさんあります。清川村役場前の「清流の館」ではお土産や地元の特産品が購入できます。

神之川キャンプ場

清流の音が心地良いキャンプサイト

丹沢大山国指定公園の一角、道志川の支流・神之川が目の前を流れる好環境なキャンプ場。サイトは山間の平坦地に広がり、ベースは砂利地。マス釣り場が敷地内にあり、管理棟には男女別のお風呂が設備。オートサイトのほかには、バンガローが利用できます。高床式のバンガローでは床下で雨や日差しを避けてバーベキューが楽しめます。

遊び&イベント

場内の釣り場や神之川はもちろん、近くの道志川沿いも釣りポイントです。ハイキングは本格的な丹沢縦走もできますが、周辺の林道を散策することもできます。人気の露天風呂「いやしの湯」へは車で10分でほどで到着できます。休日は混雑するので、平日にゆっくり利用するのがお勧めです

新戸キャンプ場

昔ながらの静かでアットホームなキャンプ場

水の綺麗な道志川のほとりにあるアットホームなキャンプ場。緑に囲まれた場内には、テントサイトのほか、200名以上が利用できるバンガローもあり、グループキャンプやサークルでの利用も多いです。GW、お盆、シルバーウィーク中には区画がありますが、それ以外はフリーでのサイト利用が可能です。場内にはコインシャワーありますが、新しい施設やイベントはありません。なんといっても利用コスパが良いのも魅力です。自然の中で家族や友人と贅沢な時間でのんびり過ごしたいという方には最適な場所です。

遊び&イベント

場内は釣りや水遊びのほか、夏限定でニジマスのつかみ取りなど、河原ならではの遊びが満喫できます。温泉は車で20分のところに「藤野やまなみ温泉」、25分で「いやしの湯」にアクセスが可能です。夏以外は静かで大人の贅沢な時間を過ごせる穴場スポットです。

緑の休暇村青根キャンプ場

川と自然が同時に楽しめるキャンプ場

神奈川県の北西部、裏丹沢山麗の大自然と変化に富んだ道志川で水遊びを堪能できるキャンプ場。都心からわずか1時間で豊かな自然を満喫できるスポットです。河畔のサイトは松や桜に囲まれた平坦地で、草地や土のフリーサイトとなっています。水洗トイレ、バリアフリートイレ、温水シャワー、炊事場、売店などが設備され、子供が遊べる遊具施設もあります。

遊び&イベント

「フィッシングエリア青根キャンプ」では、ルアー、ふらい、エサ釣りができるほか、道志川でもヤマメ、マス、アユなどが釣れます。キャンプ場周辺には遊歩道が整備されていて、森林浴をしながら山歩きが楽しめます。また遊園地である「さがみ湖プレジャーフォレスト」にも近い場所です。温泉は「いやしの湯」すぐ隣にあるので歩いてすぐ利用が可能です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。冒頭でもご説明したように相模原市は自然が多い緑区にキャンプ場とレジャー施設が点在しています。アクセス自体も市内2か所にインターチェンジから容易にでき、相模原市が東京都の真下に位置する場所であるのでその利便性は大いにあります。なんといっても都心から1~2時間で自然と山々が堪能できる場所に行けるのは驚く点でしょう。普段都心や都会で過ごされている方や、自然と過ごせてない方は、この機会に相模原市のキャンプ場に足を運んでみてはいかがでしょうか。

関連タグ:

RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

CATEGORY

その他のカテゴリ

  • コジRun

    車好きのアウトドア人間です。 僅か3歳から山に登らされ、サバイバルに関する生きるすべを教わり、まさか自分がというくらいにアウトドアマンになっていました。

    フォローする

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事

人気フォトランキング

今月もっとも見られているフォト

連載

【製品レビュー】2019年発売のSOTO・マイクロトーチアクティブを使ってみた!

【製品レビュー】2019年発売のSOTO・トーストサンドパンを使ってみた!

コンテスト

おすすめ

編集部のおすすめ

キーワード

キーワード一覧